インプラントに関する情報が満載!

インプラントの通院は通常の治療で6回くらいになります

インプラント治療の通院と期間は、手術方法によっても変わってきます。
しかし、一般的な手術と治療方法で通院回数で6回は必要になります。
また、期間は最短コースで3ヶ月、込み入った治療になりますと1年間ほどかかります。
インプラントの治療方法は、すでに失われてしまった歯根に代えて顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術をしなければなりません。
この人工の歯根がしっかりと顎に定着してから、その上に歯を作成するものです。
そのために、歯根が固定するには最低でも二か月、人によっては6ヶ月かかる人もおります。
この治療で一番重要なのは、人工の歯根(インプラント)を定着させることにあります。
良くトラブルが起きるのは、急ぐあまり定着しないうちに歯を作ってしまうからです。
また、この人工の歯根を埋め込む前に、歯を増やす手術をするケースもあり、この場合は1年以上かかります。
この治療は、通常の虫歯治療と違いメンテナンスが大切になりますので、どうしても通院期間が長くなります。

インプラントの通院は何回必要?

インプラントは手術を伴う治療方法で安定するまでにある程度の期間を要することから、その開始から完了までの通院回数が気になる方も多くなっています。
そこで、具体的な通院回数に関しては、事前カウンセリング及び検査と実際の手術、術後のメンテナンスと3段階に分けることができ、口腔内の状態や必要なインプラントの数等個人差やクリニックなどによっても異なりますが、平均的には、まずカウンセリングや検査では2~3回の通院が一般的となっています。
また、この際事前の歯科処置を要する場合にはこれにプラスαの回数が必要なケースもあります。
そして、実際の手術ではインプラントを顎に埋め込む手法が1回法であれば1~2回、2回法であれば4~6回、また骨や歯茎の移植手術を要する場合にはそれぞれ約2~4回が必要とされています。
そして、状態が安定した後に人口歯を作製する為に約3~6回と、特に本数によって幅があります。
あと術後のメンテナンスは、年に2~4回定期的に通うことになります。

おすすめWEBサイト

Last update:2019/8/2


ページトップ↑

『インプラント 通院』 最新ツイート

@7538718211aa41f

@MjupFGgtkdU6yU3 私もただ今歯医者通院中です。 2年前に、やっとインプラントが完了したと思いきや、子供の頃の奥歯の一本欠損のため、倒れた隣の歯に矯正かけてブリッジするという時間のかかる治療です。(。ŏ﹏ŏ)

13時間前 - 2019年08月24日


@Lazarus_NoPlan

季節毎の歯科検診に行ったらなんと「垂直性歯根破折」が見つかった。抜歯をしてブリッジになるよ。長期間の通院決定だねー。一時期インプラントで有名な審美歯科で治療をして貰っていたのだけど治療が杜撰で全て他の歯科でやり直し!…こう歯を失うまでにも至るなんてどれだけ腕が無いのか…

2日前 - 2019年08月22日


@8U1mw

当時インプラントは、保険適用外だったし通院してた大学病院には形成外科が無かったし。病院の患者会に行っても年配の方ばかりで、全摘した方は誰も再建していないし。本当に情報が無くて。 mixiで今の形成の先生の事を教えてもらって本当に感謝しかない。

2日前 - 2019年08月22日